読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文鳥社の日記

京都の出版レーベル・文鳥社の日記です。

文鳥社宣言

言葉はいつも、こだまのようだ。それは、口から出たものか指先から出たものかに依らず、発すれば、いつまでもいつまでも反射を繰り返して、僕らの想像の及ばないところまで、遠く遠く届いていく。そして、長かったり短かったりの時を経て、やがてまた、自分…

文鳥社とわたし

「文鳥社」という出版レーベルを立ち上げた。立ち上げたと言っても、「やろう」と決めただけで、まだほとんど何もしていない。でもともかく、出版をすることを決め、「文鳥社」という名前をつけた。そのことがわたしにはすごく大きな事件で、自分の人生に「…