文鳥社の日記

京都の出版レーベル・文鳥社の日記です。

2018-06-24から1日間の記事一覧

2018/06/24(日)

文章には書くひとの内面が滲み出る。それはにおいのようなもので、読んでいるとふわっと文字から漂う。そのにおいで、わたしはその文章を好きか嫌いか、読むべきか読まざるべきか、直感的に判断しているところがある。自分の文章についてもそうで、書いたそ…