文鳥社の日記

京都の出版レーベル・文鳥社の日記です。

日記

2019/02/20(水)

普段ひとりで仕事をしていると、ほとんど人と話さないので、褒められることも叱られることもずいぶん減ったのだが、今日は非常に褒められた。早朝に書き上げた原稿がとてもよかったと、連絡があったのだ。彼は「本当に素晴らしい」と様々な賛美を送ってくれ…

2019/02/19(火)

先週はプールに行けなかった。今週も原稿の締め切りが詰まっていて行けないのではないかと思ったのだけど、無理やり1時間だけ行ってきた。すれ違う人と挨拶はするが、顔見知りはまだできていない。泳いでいて思ったが、ここでは誰もわたしに触れてこない。褒…

2019/02/18(月)

日記が追いつかないな。

2019/02/17(日)

『(500)日のサマー』を観た。ボーイミーツガール。ふたりが歩いている姿を観ながら、なぜ人は恋をしてしまうのだろうと思う。恋というのは凶暴だし残酷だ。人のかたちを容易に変形してしまう。くっきりと生々しい傷を心につけて、軽々と去っていく。この世…

2018/02/15(金)

太郎くんと編集者が、ふたり寝ないで『戦争と五人の女』プルーフを作ってくれたらしい。デザインを見て、びっくりした。まず感じたのは「かっこいい」とか「きれい」とか、そういうことではなく「自分だ」ということだった。まるで自分の写真を見るようで、…

2019/02/14(木)

「さあ、今日は頑張ろう」より「さあ、今日はサボろう」とつぶやくほうが、自分にとってすごくいい効果を及ぼすことがわかった。肩とお腹の力が抜けて、なんだか楽しくなってくる。頑張ろうと思うと全部頑張ろうとしてしまうけど、そうかサボっていいのかと…

2019/02/13(水)

次男の夜泣きがひどく、朝までしっかり眠れない日々が続いている。長男は今では熟睡派で揺さぶっても鼻をつまんでもなかなか起きないが、彼も彼で幼い頃は夜泣きがひどかった。わたしも幼い頃夜泣きがひどかったので、似たのかもしれない。午前3時。次男が寝…

2019/02/12(火)

1日原稿執筆。できたらVOUに行こうと思っていたのだけど、できあがらながったので行けなかった。書きながら、きれいに整っていなくても、伏線を回収しきれていなくても、わからないことがまだ残っていても、精一杯書けばそれでいいのかもしれないな、と思う…

2019/02/11(月・祝)

吉田亮人さんの写真集『THE ABSENSE OF TWO』を見る。宮崎県に住む老女と、その孫である青年の生活風景が写された写真集だ。写真家もまた、その老女の孫である。以前、KYOTO GRAPHIEで見て、とても衝撃を受けた。何も知らないで写真展に足を踏み入れたのだが…

2019/02/10(日)

『すいません、ほぼ日の経営。』を読んでいる。「難しいことをやるから給料がもらえていると、みんなが思っています。でも、難しいことに直面する大変さそのものは、本当のところなにも稼いでいません」というところに「そうなんだよなあ」と思わず声を出し…

2019/02/09(土)

喫茶店で2時間、新しい小説を書く。雑然とした厨房が見える、一番奥の席によく座る。無愛想な店員さんが、やる気なさそうな顔で、だけどしっかりと働いていて、わたしが文章を書いているのをいい感じに放っておいてくれる。ここのコーヒーは苦くて、どうも残…

2019/02/08(金)

小倉ヒラクさんがTwitterに「ここ最近めちゃ眠くて、起きると頭がすごく疲れています。おそらく寝ているあいだに脳みそが毎日大量にインプットする未知の情報を整理しているのだと思われます。この頭の疲れは糖分不足だ」と書かれているのを見かけた。わたし…

2019/02/07(木)

だいぶマシになったものの朝になってもまだ気分が塞いでいる。昼頃には手が動かなくなってきた。今週末は3連休で、締め切りも目白押しなのに。気づくとネットサーフィンに走りがちな自分に嫌気がさし、重たい腰を上げてプールに行くことにした。1時間で帰っ…

2019/02/06(水)

特に何があったわけでもないのに気が塞いでいる。なんだか苦しい感じ。今日は早く寝よう。

2019/02/05(火)

江國香織と辻仁成の『恋するために生まれた』を読む。なかに、ふたりが「愛の対義語は何か」ということを話し合う箇所が出てくる。わたしはとっさに「恋だ」と思った。最近フロイトの本を読み、「エロスとタナトス」という概念について考えていたのだが、「…

2019/02/04(月)

非人間的にならないと書けないことってたくさんある。関係性で書きたくない、ひとりぼっちで書きたいっていうのは、そういうこと。ものを書くために自由でありたいのか、自由であるためにものを書きたいのか、それはちょっとわからないけど。たぶんどっちも…

2019/02/02(土)

昨年の夏からプールに通っている。「週に1度は泳ぐ」と決めて、毎週いずれかの曜日に泳ぎに行っている。一度だけ行けなかったことがあるが(年末でめちゃくちゃ忙しかった)、あとは無理やりでも時間をつくってちゃんと行っている。わたしはもともとかなづち…

2019/02/01(金)

日記も書かずに寝てしまった。背中の筋を痛めているらしい。抱っこしながら、無理な姿勢で書いているからかもしれない。

2019/01/31(木)

雨が降っていた。寒いのは苦手だ。

2019/01/30(水)

今日もトトロを何度も観た。

2019/01/29(火)

次男がインフルエンザにかかり、家で看病をしながら仕事をしている。次男の朔太郎は『となりのトトロ』が大好きで、終わってもなんどもなんども観ようと言う。わたしもジブリの中ではトトロがいちばん好きなのでやぶさかではない。トトロを観ていると、あま…

2019/01/28(月)

誤解をおそれずに言うならば、小説を書くときには、ある意味で閉じているものが書きたいと思う。卵の殻みたいに。それは決して、世界に対して閉じているんじゃなくて、共同体に対して閉じているというのかな。わたしは「社会」に属しながら、「社会」とつな…

2019/01/27(日)

編集者がこのあいだ、「いつか大学で勉強がしたい。何を学ぶかはまだわからないけれど」と言っていた。それを聞き、自分だったら何を学ぶだろうと考えた。いちばんに頭に浮かんだのは心理学だったが、社会学もおもしろそうだと思う。というように根っからの…

2019/01/26(土)

急に1日ぽっかり空いたので、映画館へ行こうと思い立った。上映しているものを調べてみたら、ちょうどいい時間に『サイドマン』という映画をやっているという。その映画については初めて知ったが、どうやらミュージシャンのドキュメンタリのようで、というこ…

2019/01/24(木)

1日中書いていた。今週はずっと家で書いているのでお尻がぺたんこになりそうだ。明日は取材。今日はもう寝る。

2019/01/22(火)

文章を書いていて指が止まったときには、よく本棚から本を取り出して読む。どの本を読もうかな、と迷うことはほとんどなく、「ああ、今この滞りを打破してくれるのはあの本だ」とだだだとダッシュして階段をのぼり、自分の部屋の本棚から探し出す。今日は江…

2019/01/21(月)

『経営者の孤独』という連載の、新しい原稿を書いている。「どうやって書くんだろう」と声に出して言ってしまった。見えない。見えないから、手探りするしかない。そうやって手に入ったものが、今回の原稿だ。書いていると、いろいろな声がする。連載が続い…

2019/01/20(日)

肩や頭ががちがちになっていてよくない。そういうときは怒りっぽくなる。背中にカイロを貼って、早めにベッドに入って寝た。

2019/01/14(月・祝)

きのう髪を切りすぎてしまい、今日になってもまだ切りすぎた切りすぎたと言っている。長男は根気強く「かわいい」「にあってる」と言い続けてくれている。今週は書く週。何度も言うがこれだけ時間をかけたらこれだけ書けるというものでもないので、本当に書…

2019/01/13(日)

『孤狼の血』を観る。広島県呉市を舞台にした、ヤクザ映画。役所広司が自分の父親にすごく似ていて、殴られたりリンチされたりすると悲しい気持ちになってしまって、後味がかなり悪かった。でもヤクザ映画ってセリフまわしがおもしろくて、ときどき無性に観…